読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のむこう側へ

ほぼ失敗ばかりだけど、いろいろ実験しながら次世代のインターフェイスを探す旅をしています。

恐怖心は自分の中から生まれる

会社を運営していると、常に恐怖心との戦いに苛まれる

 

「このトラブルどうやって対応しよう」

「あぁ、もう終わりかも」

「やっていることは誰かの役に立っているのか」

 

などなど、やっているととにかくトラブルだらけで精神的に追い込まれます

 

そういうときには「怖じ気づいたら負けだ」といつも自分にいい聞かせるようにしている

 

どうしよう。。。という恐怖心によって、心が支配されてしまうと、その状況を打開する案が見えなくなってしまう

そうなると自然と破滅の道をたどってしまう

 

世の中の悪い事のほとんどは、自分のなかの恐怖心が起因している

恐怖心は目も口も耳も塞ぎ、思考を停止させてしまう

 

しかし、恐怖心とは自分の心のあり方です

 

心のあり方をコントロールすることこそが、物事をうまく運ぶ秘訣なのではないかと最近思うようになってきた